*Hiroshima-Terminal* 広島駅と都市開発について考えてみます

大きく変化しつつある広島駅の計画を中心として、広島の街について考えてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

広電駅前大橋ルート(25) - 1年間の経緯のまとめ。高架案は是か非か。

もう年が明けてしばらくたってしまいましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

このブログは、広島駅を中心とした開発が「一進一退」する中で、広島の将来像を自分なりに表現したいと思って始めたものでした。
初めての記事を書いたのは一昨年の12月ですが、メインの連載である「広電駅前大橋ルート」を書き始めたのは年が明けた1月で、それ以来の1年間、ずっと頭の片隅にこの駅前大橋ルートのことがありました。
(だから、他の開発計画をほっといて駅前大橋ルートのことばかり話していますね。)

昨年1年は、広島では様々な動きがありましたが、とりわけ広島駅周辺に関しては
広島駅在来線橋上駅舎・自由通路
広島駅前Bブロック

2大案件が着工できたのが喜ばしいニュースでした。
さらに、Cブロックも着工を控えた状況ですし、紆余曲折があった二葉の里や高速5号線も将来像が見えるようになってきました。



さて、対照的に、平成23年度中、つまり昨年3月までに高架案・地平案・地下案のいずれかが決定するはずだった
広電駅前大橋ルートは、未だに何も決まっていません。


私がここで「高架案が技術的に見て最良の方法ではないか」と主張するようになったのは、3案が示された後、独自の検証をし、ここで公開してきたからです。
その背景には、昨年元日の中国新聞Leaders倶楽部や、そのころ同紙に掲載された広電・越智社長の主張が高架案を認めないものだったのに対し、高架案が本当に不可能か疑問を覚えたことがありました。

当時の越智社長の主張は、過去記事に引用していますが、それを再掲します。
広電駅前大橋ルート(5) - 越智社長の指摘する「高架案の技術的問題」

広島駅南の路面電車新路線「可能なのは地下案」

―広電社長インタビュー

2012/01/07 中国新聞掲載、強調はめりみりによる

JR広島駅南口(広島市南区)に乗り入れる路面電車の新路線「駅前大橋線」の構造について、広島電鉄の越智秀信社長は中国新聞のインタビューで、「可能なのは地下案だけ」との見解を表明した。同社は独自に総事業費を約140億円と試算して上で、約1割を負担する考えがあることを明らかにした。

<中略>

駅前大橋南側と南口広場の間を高架で結ぶ案は「急勾配で電車が上がれない。予定地の下には地下街があり重い高架を支え切れない」と説明。「現実に可能な選択肢は地下案しか無い。地下案でやるかやらないかだ」と述べた。

<中略>

地下案は稲荷町交差点北側から地下に入り、南口広場の地下に新設する電停に乗り入れる

<中略>

越智社長の見解について、市道路交通局の高井巌局長は「現段階では3案を平行して検討しており、絞るまでに至っていない」と述べた。市は総事業費を250億~300億円と見込み「広電の試算額では収まらない」としている。




これに対し、広電以外に地下案に賛同する意見は新聞紙上で取り上げられることはなく、広島市は中立(?)、JRは在来線橋上駅舎との一体整備ができることから高架案寄りという状況で、議論が膠着して決定の延期が繰り返されることが1年続きました。
さらに、3案のいずれにするかを決定するのは市でも事業者(広電)でもなく「広島駅南口広場の再整備に係る基本方針検討委員会」だったのですが、この委員会の構成員は技術者ではないので、「技術的に問題」と広電が主張する以上、彼らには決められなかったのでした。

結局、広島市は地下案・高架案の「技術的検討業務」を出すことになりました。
この業務が終わったのが10月末でしたが、これを踏まえた検討委員会は、年明けまでまだ開催されていません。


12がつになって、広電と検討委員会以外では駅前大橋ルートに関する動きがあり、情勢は高架案優位になっていると見ますが、いかがでしょうか。

JRについては「高架案の場合、自由通路との連絡のためには駅ビル建て替えが不可欠、なので高架案が決定すれば建て替えを検討する」と表明して事実上高架案を推進しています。
鯉党のひろしま街づくり日記 -- JR西、"高架"条件で駅ビル建て替えを検討!

さらに、広島県警が「信号制御や交通渋滞の面から地平案は不可、他2案でも、比治山線は稲荷町から分岐するよう経路を変更するべき」としたことから、地平案は事実上なくなりました。
広電駅前大橋ルート(24) - 広電高架と広島駅新ビル に引用

ここでようやく、比治山線移設を前提として高架か地下か、という選択肢に絞られたのですが、広電社長の主張は「地下しかない」ということで一貫しています
ただ、「技術的に地下しか不可能だ」と言っていたのにもかかわらず、技術的検討業務が始まったあとは様々な別の理由を挙げているのは気になるところです。
(記事によって信号で渋滞を起こす、車線数が減る、などといろいろあるようです)


さてさて、今年も中国新聞Leaders倶楽部で広電・越智社長のロングインタビューが掲載されています。
駅前大橋ルートを中心に、読んでみましょう。

「超低床」導入進め利便性追求


広島電鉄 代表取締役社長 越智 秀信(おち ひでのぶ)氏
中国新聞 2013/01/01 別冊特集「中国新聞Leaders倶楽部」 一部抜粋
元記事リンク

―電車開業100周年の2012年はどんな年でしたか。

原爆の大きな被害に遭ったことやマイカー時代の到来による利用者の激減など、さまざまな経験を積み重ねてきた中で、100周年は大きな節目でした。また同時に、通過点に過ぎないとも考えています。サービス向上を図るという意味では「次の100年」に向けた布石を打った1年だったとも言えます。

―JR広島駅南口(南区)に電車を乗り入れる「駅前大橋線」計画の進ちょく状況はいかがですか。

顧客ニーズを高めるためにも、速度アップは欠かせません。駅前大橋線が完成すれば、現在15分から25分かかる広島駅から紙屋町(中区)までが約9分で行き来できます。

広島駅南口の再開発が進めば、交通量は大幅に増えます。電車は路上を通しても、高架にしても車線に影響するので、地下を通すことが最善策です。地下ルートは、経費がかさむと言われていますが、当社の計算では、高架とほぼ変わりません



「地下しかない、地下でやるかやらないか」と言い切っていた昨年に対し、「地下が最善」とトーンダウンしていますし、「技術的に不可能」という主張は影もありませんね。
また、地下案と高架案の建設費がほとんど変わらない根拠は、広島市や検討委員会に示せるのでしょうか

これまでの広電の主張が適切かどうかは、今月、検討委員会が開かれ、技術的検討業務の結果が示されることでわかるでしょう。
仮に地下か高架か、いずれかが優位な結果が出たとして、これまでの経緯から、すんなりと事が進むように思えないのが参ったところですが。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/06(日) 19:40:22|
  2. 広電駅前大橋ルート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<広電駅前大橋ルート(26) - 地下案推進派、越智社長が突然の解任。その影響は? | ホーム | 広電駅前大橋ルート(24) - 広電高架と広島駅新ビル>>

コメント

広島駅は橋上駅になるんですか
将来的に高架化される可能性ナシで固定されちゃうってこと?
広電高架案だとそうなっちゃいますよね。
100万都市なのに、おしいw
JR西はあからさまに関西圏とそれ以外の投資に
差をつけているみたいですが
なんで広島はこんなにナメられてるんでしょうね。
  1. URL |
  2. 2013/01/07(月) 17:45:43 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

あけおめです!今年も記事を楽しみにしております!

 やはり 広電の 駅前大橋線は どの案でも 最初の交差点のところの車線はどっちにしろ減るし、高架なら 緑地を利用する手もあるけど、あの幅だと支えきれない?かもしれないから どちらかの車線を1つ減らすか、 両側とも1車線減らす 事になりますね。 平面案は どっちにしろ駅に着くまで減るし、渋滞を大きく引き起こし、事故にもなりかねないし、 地下の場合 交差点から地下に入る所は車線は減るけどその場合 どちらかが1車線減るか2車線 1車線余分に減るか、になりますよね? 地下の場合  どっちにしろ 駅ビルは老朽化もあるので どっちの案でも建て替えが将来必要になりかねない、高架案にした場合 駅ビルの建て替えはどうなるのか? 高架案では 乗り入れ乗り換えがすごく便利だが 駅ビル建て替え中 その連絡通路は、どうするのか? 一緒にやるしかないのか? 高架だと、地下街があるから重さもあるので無理が生じるが補強工事も必要 高架案だと 駅ビル+地下の補強工事もどっちにしろ必要。 つまり今のところ 地下案しかないことになる 

どっちにしろ 工事費がさらに高くなることは たしかかもしれない。
 高架案 か 地下案 のどちらになるのか? 
早く決めてもらいたいですね。

長コメント失礼しました。
  1. URL |
  2. 2013/01/08(火) 14:17:59 |
  3. 広島県廿日市市に住んでる #GAcpfH8k
  4. [ 編集 ]

どうも。
いつも楽しく読ませてもらってますが書き込みするのは初めてです。
広電の越智氏が社長を解任されましたがこれは駅前大橋線の高架での実現に良い影響はあるのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2013/01/08(火) 18:44:38 |
  3. 呉人 #-
  4. [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。

新年早々、色々な動きがありましたね。特に大きな出来事である広電の社長解任劇で見えたのは、地下案に固執していたのは越智氏だけだったということでしょうか。

古巣の国交省とも単独で交渉(工作?w)していたようですし、何がなんでも地下案に持ち込もうとしていたのでしょうが、さすがに広電内部も見過ごせなくなったようですね。

椋田新社長は叩き上げで各方面に人脈もあるようですし、社内の混乱や低下した信用の回復に手腕を発揮して頂きたいと思います。



しかし、なぜ越智氏は地下案に固執していたのでしょうか。

高架案に比べると事業費が大きく、事業期間も長くなると思われる地下案。

補助金や許認可は県や市、国交省。

補助金=支給元の組織の予算の一部。

越智氏は国交省の出身。


•••何だかうさんくさい考えが見えそうな気もしますが、どうなんでしょう?(笑)

RCCあたりで真相を追及してくれると助かるんですけどねぇ~
  1. URL |
  2. 2013/01/09(水) 13:27:34 |
  3. きゆう #-
  4. [ 編集 ]

> 1番のコメントをくださった方

広島駅の橋上化は決定どころか既に着工していて、広島駅在来線が高架化されないことは残念ながら決定済みなのです。
しかし、高架化されるかどうかはJRの問題というより、「連続立体交差事業」として道路予算をつける自治体の問題ですからJRだけを責められないところです。
その証拠に、(駅としては重要ではない)向洋~海田市の高架化が決定していますが、県の事業が遅れたり海田町部分が取りやめになったりと、自治体の事情でグダグダになっていますね。
  1. URL |
  2. 2013/01/20(日) 23:06:53 |
  3. めりみり:Author #-
  4. [ 編集 ]

> 広島県廿日市市にすんでる さん

おっしゃるとおり、どの案でも駅前通りの幅員を削ることになりますが、駅前通り事態が高幅員道路なので、車線幅を少し詰めたり交差点部分の形状を工夫したりで影響は最小限になると思います。

コメントいただいたあとの情勢変化が急速だったのですが、
指摘されている別の問題についても
・平面案の安全性の問題  →平面案は採用しない
・駅ビルの建て替えの問題 →駅ビル建替えを検討
ということになり、ほとんど解決してしまいましたね。

さらに広電も社長解任により高架案推進に転換したので、事実上は高架案で決定といっていいでしょう。
  1. URL |
  2. 2013/01/20(日) 23:13:35 |
  3. めりみり:Author #-
  4. [ 編集 ]

> 呉人さん  > きゆうさん

越智前社長の解任については別記事を書きました。

正直なところ、前社長の発言は怪しいことばかりで裏の動きを邪推したくなりますが、本題からずれていきそうなのでとりあえず触れていません。
  1. URL |
  2. 2013/01/20(日) 23:17:21 |
  3. めりみり:Author #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
※非公開コメントの場合はメールで返信しますので、メールアドレスをご記入ください※

トラックバック

トラックバック URL
http://hiroshimaterminal.blog.fc2.com/tb.php/33-d1d24987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めりみり

Author:めりみり
広島に暮らす、建築設計屋さんの下っ端です。
技術職の端くれとして奮闘しながら、
頭の片隅でひとり温めていた「街づくりの話」を書きだしてみます。

ご意見、ご質問はどなたでもお気軽に書いてください。
ご指導も、ご指摘もぜひぜひよろしくお願いいたします。

コメントには書きづらい話題がある、めりみりと個人的に情報交換したい、などという場合は、「非公開コメント」を活用ください。
非公開コメントには原則としてメールでお返事させていただいています。

リンク・トラックバックは、許可不要ですが、
報告をいただければ大変嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

すべてを見る (34)
広島駅周辺 (1)
広電駅前大橋ルート (26)
広島駅橋上化・自由通路 (1)
白島新駅 (2)
旧市民球場跡地 (1)
二葉の里区画整理 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。