*Hiroshima-Terminal* 広島駅と都市開発について考えてみます

大きく変化しつつある広島駅の計画を中心として、広島の街について考えてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「勝手にトーク広島」を聞いてました。

大変ご無沙汰していました。めりみりです。
仕事が一段落したら、と思えど全く終わらない仕事の山に圧倒され…とはいいわけです。すいません。。。


さて、今回の記事は小ネタです。
いつも楽しませてもらっている、「鯉党のひろしま街づくり日記」さんの記事に、気になる記事がありました。
『今こそ、(私も)広島駅の未来を考える』

鯉党さんの記事は、RCCラジオで放送される番組の紹介だったのですが、
そのテーマは、「今こそ、広島駅の未来を考える」
Bブロックが着工し、二葉の里国有地の売却先が決定、そして南口広場再生日の基本方針と広電高架化が(いちおう)決定して間もない時期で、タイムリーな話題でした。

たまたま時間がとれたので聞いてみましたが、ラジオの内容も、ラジオと連動したtwitterの内容も濃く、広島駅の新たな姿を浮かばせるヒントが散りばめられていました。


気になった内容をメモ代わりに箇条書きしてみます。

・広島駅は街の「玄関」だ。だからこそ重要で、「われわれ」が不在のまま勝手に決められたくない。
・空港リムジンバスから街への出入口が古くて狭くてわかりにくい地下通路だけなのは大変恥ずかしい。
・ありきたりな駅になるのではなく、広島らしさがほしい(「赤い駅ビル」で盛り上がってましたが(^-^;))
・地下通路だけでなく、エールエール地下広場も暗い
・固定的な「観光案内所」でなく、「案内人」がどこかしこにいる駅
・地元の料理を囲んで、地元の人と外部の人とが語り合える場所
・パフォーマンスを容認するなど、賑わいを産む場所
・川に接していることを活かすデザイン(駅前広場を川まで延ばす)
・広電ターミナル駅(横川・西広島・宇品)のデザインの特徴は大屋根
・「広島なう」と言えるシンボル・待ち合わせ場所
・広電広島駅はコンペで設計案を決めればいい


と、こんなくらいでしょうか。
この内容と、検討委員会の高架案から、新しい姿が見えてくる気がしています。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/06(土) 00:33:07|
  2. すべてを見る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

めりみり

Author:めりみり
広島に暮らす、建築設計屋さんの下っ端です。
技術職の端くれとして奮闘しながら、
頭の片隅でひとり温めていた「街づくりの話」を書きだしてみます。

ご意見、ご質問はどなたでもお気軽に書いてください。
ご指導も、ご指摘もぜひぜひよろしくお願いいたします。

コメントには書きづらい話題がある、めりみりと個人的に情報交換したい、などという場合は、「非公開コメント」を活用ください。
非公開コメントには原則としてメールでお返事させていただいています。

リンク・トラックバックは、許可不要ですが、
報告をいただければ大変嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

すべてを見る (34)
広島駅周辺 (1)
広電駅前大橋ルート (26)
広島駅橋上化・自由通路 (1)
白島新駅 (2)
旧市民球場跡地 (1)
二葉の里区画整理 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。