*Hiroshima-Terminal* 広島駅と都市開発について考えてみます

大きく変化しつつある広島駅の計画を中心として、広島の街について考えてみたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

広電駅前大通線(2) - 「電車が高架を登れない」ことの検証

あけましておめでとうございます。
年が開けて、「広電シリーズ」の本題に入っていきます。

「電車が坂を登れない」問題について考えるには、駅前大橋付近の"断面"を考えなければならないので、
"断面"を検討するためにいくつかの条件を整理しなければなりません。

まず、最も重要なのが地形ですが、広島市の標高が詳細に記された1/2500相当の地図は、
広島市路線網図提供システム」で提供されていました。
(これが業務なら市役所で白地図を買ってくるところですが、それはなかなか面倒なので、公開されてて助かりました・笑)
120102_stationbridge.png

この地図を見ると、広島駅南口の標高は3.0m程度、駅前交差点は3.3m、駅前大橋の中央は6.5m、南詰は4.0m程度ということになります。
大橋南詰では歩行者を通し、駅前交差点では大型車も問題なく通さなければならないことから、
問題の勾配区間は駅前大橋南詰の横断歩道から城北通り(主要地方道広島三次線)南側の間、約150mに収めることになります。
ただし、駅前大橋は中心が反り上がった形をしていて、南詰の横断歩道は勾配の途中にあるため、
京橋町10番交差点(地図では「2.4m」と記されている地点)から駅前大橋の途中までは、
広電駅前大通線も、道路の上り勾配と合わせた勾配になります。

このため、下図に示す「京橋町10番~駅前交差点南端」を勾配区間と考えて計算してみます。
120102_stationbridge2.png

駅前交差点で必要な軌道高さは、道路面より6.5mと考えて、京橋町10番交差点との高低差は、
(3.3+6.5)-2.4=7.4[m] となり、
京橋町10番から駅前交差点までは約270mあるため、この間の平均勾配は
7.4/270=0.0274=27.4[‰] となります。
実際には一定の勾配ではない事を考えても、最も急な箇所で30~35[‰]というところでしょうか。

この勾配はたしかに急勾配ではありますが、国内外の路面電車と比べて稀な急勾配ということはなく、
おおよそ問題はないのではないかと思います。
(国内では京阪京津線に60‰の勾配がありますし、海外では100‰の路面電車線もあるそうです。)

また、「京橋町10番~駅前大橋中心」までの上り坂は平面案でも登る必要がある坂ですが、
この間の平均勾配は29.3[‰]あり、「高架案」の平均より急勾配という計算になりました。
計算式: (6.5-2.4)/140=0.0293=29.3 [‰]

つまり、「高架案は電車が坂を登れない」のなら、
「平面案でも電車は駅前大橋を超えられない」ことになってしまいます。



広島市の検討案を見ると、私の試算とは異なり、勾配45[‰]で計算されているようです。
となれば、もしかすると、私の試算の条件に何か問題(広島市との前提条件の違い?)があるかもしれません。
どなたか、ご教示いただけませんか?
スポンサーサイト
  1. 2012/01/02(月) 06:34:04|
  2. 広電駅前大橋ルート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<広電駅前大通線(3) - 地下案は「電車の運行に無理がない」か? | ホーム | 広電駅前大通線(1) - 3つの案と問題点>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2012/01/04(水) 18:54:46 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

先日はコメントありがとうございました。
根拠に基づいて分析するめりみりさんのブログは本当に興味深いです!
駅前大橋の頂上までの勾配がやはり結構大きいのですね。
現地で見ても、橋の頂上から駅の2階までだったら大したこと無いんじゃないかと思っていたんです。
恥ずかしながら勾配の求め方を今まで知らなかったのですが(笑)、
めりみりさんの式に基づいて、駅前交差点の頂上(6.5)から駅前交差点(車が通れる高さを確保(3.3+6.5))までの120mの勾配を計算すると0.0275=27.5‰になりました。
めりみりさんとは裏返しになりますが、橋の頂上まで登れるのであれば、高架案でも問題ないということですね。
市の試算したものは何故あの数字なのでしょうかね。橋の上に坂を付けられなかったのかと思って資料をもう一度見てみると、そうでもないようですし。。
うやむやのまま都市計画が進むのは嫌ですね。市と広電にメールか何かで問い合わせてみたいです。

ところで今日の夜、この駅前大橋線についてもう一度記事を書こうと思うのですが、めりみりさんのこのブログを紹介させて頂いてもよろしいでしょうか?
  1. URL |
  2. 2012/01/06(金) 02:32:41 |
  3. HIROTO #-
  4. [ 編集 ]

URLを入れ忘れていました。。このブログの者です・・・
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/
  1. URL |
  2. 2012/01/06(金) 02:36:00 |
  3. HIROTO #-
  4. [ 編集 ]

リンクはぜひぜひお願いします。

>HIROTOさま、

昼休みなので、取り急ぎリンクの件についてだけお返事させてください。
リンクでの紹介はぜひぜひよろしくお願いいたします。
「鯉党のひろしま街づくり日記」は情報が早く、
いろいろな方が議論なさっているので、
読んでいて楽しく、いつもみていました。
紹介していただけて光栄に思います。
  1. URL |
  2. 2012/01/06(金) 12:22:48 |
  3. めりみり:Author #-
  4. [ 編集 ]

めりみりさん
お忙しいところ失礼いたしました。。
先ほど上げた記事にてこちらのブログを紹介させていただきました。感謝いたします。
http://urbankoikoi.blog63.fc2.com/blog-entry-385.html
今後ともよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2012/01/06(金) 23:38:55 |
  3. HIROTO #-
  4. [ 編集 ]

>HIROTOさん、

あらためましてコメントへの返信をいたします。
HIROTOさんの記事もチェックいたしました。
コメントでも記事でも駅前大橋から駅前広場までの勾配を計算なさってますが、計算としてはその数字で大丈夫です。
私が計算しても同じになります。

ちなみに、駅前大橋の頂上は、頂上なので当然水平なのですが、
実際の勾配は、駅前大橋南側の横断歩道を超えたあたりから同じ勾配で上へ上がっていく線形になることと、その坂の頂上付近で地上6.5mの水平に緩やかにつなぐことが相殺されて、
27.5‰がちょうど、"高架橋の"最大勾配になるのかなと予想します。
(この場合、交差点の南側、京橋町付近の"地上が"最大勾配[32‰程度と推測]です。)
と、文章で書くとわかりにくいですね。
また、別記事で断面図を書いてみたいと思います。

先ほどアップした私の記事を見ていただければ嬉しいのですが、
広電の既存路線には34‰の勾配区間と、30‰の電停+交差点があり、
電車が昇り降りする分には問題なさそうな数字です。

興味深い結果になりましたね。
今後とも宜しくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2012/01/07(土) 03:42:51 |
  3. めりみり:Author #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
※非公開コメントの場合はメールで返信しますので、メールアドレスをご記入ください※

トラックバック

トラックバック URL
http://hiroshimaterminal.blog.fc2.com/tb.php/3-f98e92fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めりみり

Author:めりみり
広島に暮らす、建築設計屋さんの下っ端です。
技術職の端くれとして奮闘しながら、
頭の片隅でひとり温めていた「街づくりの話」を書きだしてみます。

ご意見、ご質問はどなたでもお気軽に書いてください。
ご指導も、ご指摘もぜひぜひよろしくお願いいたします。

コメントには書きづらい話題がある、めりみりと個人的に情報交換したい、などという場合は、「非公開コメント」を活用ください。
非公開コメントには原則としてメールでお返事させていただいています。

リンク・トラックバックは、許可不要ですが、
報告をいただければ大変嬉しいです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

すべてを見る (34)
広島駅周辺 (1)
広電駅前大橋ルート (26)
広島駅橋上化・自由通路 (1)
白島新駅 (2)
旧市民球場跡地 (1)
二葉の里区画整理 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。